Anchor Ship Partners

アンカー・シップ・パートナーズ株式会社:〒104-0031 東京都中央区京橋 2-2-1 京橋エドグラン20階 [ オフィス情報のページへ]
最新の情報に更新するには、ブラウザからリロード(再読み込み)を行って下さい。
理念・ミッション

アンカー・シップ・パートナーズ株式会社代表者よりのご挨拶のほか、企業理念、行動指針や社会貢献活動をご紹介します。

2007年に「我が国海運業界に金融ノウハウを用いた船舶保有手法を」との想いで設立をいたしました弊社は、おかげさまで多くの方々のご支援を得て創業15周年を迎えました。

これまでに累積70隻以上、総額7,000億円を超える船舶に関わらせていただき、この間一貫して抱いてまいりました「我が国の海運と金融をつなぐ」との考えは、世の中の動きに合わせて少しずつ形を変えながら、広がりを持ちつつ現在に至っております。

島国であるこの国は、日常の物資輸送だけでなく、災害など有事の際も船が不可欠となります。輸出入の99%を担う海上輸送がなければ、私たちの生活は成り立ちません。幸いにもこの国にはその過半を担う複数の優良な海運会社グループが存在いたしますが、一方で船舶の建造には大きな資金が必要なため船舶と金融は不可分な関係でもあり、多くの金融機関が社会インフラである海運業を支えています。

弊社の役割は、海運と金融の知識を併せ持つことを活かし、海運会社と金融機関だけでなく、造船所や他の船舶保有者、仲介者や専門家、行政、及びこれらと関わりのある方々すべてを顧客と位置付け、これらの顧客に貢献することで成り立っております。

我が国唯一の船舶投資ファンドを運営いたします弊社には、多くのユニークな特徴があります。船舶投資はエクイティの分野ではインフラファンドのひとつであり、資金調達である船舶金融は、金融の分野ではプロジェクトファイナンスのひとつに位置付けられます。これらのノウハウと海運業界への知見を高度に組み合わせながら顧客のニーズを分析し仮説を立て、様々な提案を重ねることを通じて、ある時は船舶の持ち手として、ある時は船舶金融のとりまとめ役として、またある時は顧客へのソリューション提供者として、自由度高く形を変えながら弊社の唯一独特なビジネスモデルが成り立っています。

新たに投資をはじめる第5号ファンドでは、ESGに力点を置いた「インパクト投資」の概念を導入、識者の認定を取得した最大のインパクト投資ファンドが動き出します。我が国海運各社は、古くから世界の海上輸送に関わりながら、刻々と変化する環境規制に先んじて適切に対応することでESGに関し世界的に高い評価を受けています。このたびのファンド組成は、彼らによる積極的な環境投資にしっかりと呼応させていただくことで、必ずや社会への良いインパクトを与えることができるものと確信いたしております。

船舶は、物資を運ぶだけではありません。第4号ファンドでは、郵船クルーズ株式会社への投資を通じて豪華客船「飛鳥」事業に関わりを持たせていただきました。クルーズ事業を立ち上げ、海運業界を常にリードしている日本郵船株式会社をパートナーとし、ともに我が国の地域創生に軸足を置き、2025年竣工予定の新造船では全国に広がる多くの金融機関から資金提供をいただきます。「飛鳥」はその確固たるブランド力を活かし、我が国の伝統文化を筆頭とする多くの「ホンモノ」と積極的なタイアップを広げてまいります。この取り組みには、弊社が有する全国70の地域金融機関とのネットワークに加え、この国を代表する文化人や、ニッポンの魅力を共有・発信したいとの想いを同じくする方々からのお力添えを期待しております。これからの「飛鳥」の更なる飛躍に、どうぞご注目ください。

「飛鳥」を通じてご縁を持たせていただいた我が国の伝統文化は、広く各地域に根差しながら、歴史や技・関わる方々の想いにおいてこの国はもとより世界が憧れるものが多数存在します。弊社はこれを目指すべき地域創生具体化の屋台骨として位置付け、地域金融機関のみなさまと共に接点の拡大と活性化を進めてまいります。地域経済の盛り上がりは、地元事業者の体力強化や物流の増加、様々な可能性を秘めた「場」としての「飛鳥」への貢献はもちろん、たとえ僅かでもこの国が抱える様々な社会的問題解決の一助に繋げることができれば、との意を強くしております。

上記のすべての事柄は、一見違う分野と捉えがちですが直接・間接を問わず相互に繋がりあっています。弊社は、役職員一人ひとりが船舶投資に軸を置きつつも「つなぐ」をキーワードに、これからも様々な事柄に関心を持ち常に長期的な目線で挑戦を続けてまいります。

事業の継続・発展と、役職員一人ひとりの高い次元での幸福追求・実現は一体不可分であります。事業を興した者として、これからも社内外を問わず想いを同じくするみなさまとともに、各人が誇りと主体性を持ち、これらを高めながら日々を生き生きと楽しく過ごせるような他に例のない企業づくりを続け、15歳を迎えた弊社を世に恥じることのない大人へと育んでまいります。

引続きのみなさまのご指導ご鞭撻を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2022年1月
アンカー・シップ・パートナーズ株式会社

代表取締役社長 篠田 哲郎

企業理念

我が国唯一の船舶投資ファンドとしての自覚と責任を持ち、常に進取の気性とともに、我が国海運業界、金融業界およびこれに関わるすべての関係者の発展に貢献する

  • 社会インフラである海運業の更なる認知向上と維持発展に対し、具体的に寄与する
  • 顧客のニーズを的確に発掘・創出し、中長期的な目線に立ちリスクマネーを提供する

「投資ファンド」の枠を超え、自らの機能と知見を活かし社会に必要とされる存在を目指し、実現する

  • 培った経験やネットワークを活用し、チャレンジする領域を広げ、関係者の発展に寄与する
  • 役職員一人ひとりが主体的に絶え間なく自己革新を図り、自らの可能性を極大化させる

行動指針

  • 「信頼」と「創造」を軸とした企業風土作りを目指す
  • 法令を遵守し高い倫理観を持って企業運営を進める
  • グローバルに通用する船舶金融のプロフェッショナルを育成する
  • 環境の変化には柔軟に対応しつつも長期的な視野に立って事業を推進し、関係先とともに発展してゆく

社会貢献活動

アンカーシップグループは、「社会から信頼される良き企業市民」となることを目指し、ビジネス及び社会貢献活動の両分野において、社員一人ひとりがコミットメントを持って、質の高い取り組みを行っていくように努めております。

当グループが今後ますます社会に認められ、発展していくためには、事業活動において、コーポレートガバナンス、企業倫理、コンプライアンス等を強化の上、関係先の皆様に対しより良いソリューションを提供していくだけでなく、社会福祉等に繋がるような活動にも積極的に取り組み、企業市民としての存在感を高めていかなければなりません。

その為に、一企業として出来ることに限りがあるかもしれませんが、地道で継続的な活動が重要だと考え実践を重ねております。

Stacks Image 1954

LINKS

メンバー紹介
メンバー紹介

アンカー・シップ・パートナーズ株式会社の役員・主要メンバーおよびアドバイザリーボードをご紹介します。

ビジネス概要
ビジネス概要

ファンド運営、コンサルティングなどアンカー・シップ・パートナーズの業務を概観します。

ビジネス概要
Glossary (ことば)

アンカー・シップ・パートナーズ株式会社のサイトで使用している海運業界の用語について簡単に説明します。